掌蹠多汗症とは?

デトランスα

 

掌蹠多汗症とは?

 

 

掌蹠多汗症とは、局所性多汗症で、手のひらや足底の汗腺から多量に発汗します。
手のひらや足の裏に限定して大量に汗をかく場合には、「手掌足蹠多汗症(しゅしょうそくせきたかんしょう)」と言います。
手の場合は手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)、足の場合は足蹠多汗症(そくせきたかんしょう)といいます。

 

発症は、幼少児期ないし思春期の頃です。

 

軽症例では、物を持つ時に一時的に発汗が増加する程度です。
重症例では、滴となってしたたり落ちるほどの多量の発汗がみられます。

 

睡眠中は発汗が停止していますが、覚醒時には著しく発汗が増加します。

 

寒い時期で体感温度が低い時は発汗が少なく、蒸し暑い時期で体感温度が高くなると発汗量が増加します。

 

過剰な発汗は、書類にしみを生じさせたり、字を書こうと思ったら紙が濡れて破れてしまったり、パソコンなど電気機器を壊してしまうこともあります。
他には、好きな人と手をつなぐチャンスだったのに、手の汗が気になってつなげなかったり、握手時に相手に不快感を与えることなどにより、生活に支障を感じる場合や多大な社会的苦痛を感じる場合もあります。

 

 

以前は、多汗症は、人よりも緊張しやすいからとか、神経質だと汗をかくのだと考えられ、「気の持ちようで汗はかかない」と思われていました。
けれども実際は、多汗症の人は自宅でリラックスしていても手のひらから汗が出たり、朝目覚めたとたんに汗をかきはじめることもあるようです。

 

多汗症の人の場合は、精神的に緊張したから汗がたくさん出るのではなく、緊張したときに発汗を促す「交感神経」が敏感すぎるために汗を多くかいてしまうようです。
ですから、朝目覚め、交感神経が活動しはじめると、人一倍汗をかいてしまうようです。
多汗症は必ずしも精神的な要因による病気ではないようです。

 

デトランスα手足用はコチラから

初回40%OFFで買うことが出来ます。

↓↓↓↓

デトランスα

デトランスα手足用は脇の下には使用することが出来ません。脇の下の皮膚は手足よりも薄くて敏感です。

脇の下の汗にはデトランスα脇下用を使用しましょう。

初回40%OFFで買うことが出来ます。

>>デトランスα脇下用はこちらから

↓↓↓↓

デトランスα

日本初の新しく顔の汗を止める制汗剤がでました。

顔汗を止める制汗剤はコチラ

↓↓↓↓

>>安心の60日間返金保証!顔汗用・制汗ジェル【サラフェ】

サラフェ