手掌多汗症 手術 費用 代償性発汗

手掌多汗症の手術の費用は?代償性発汗とは?

デトランスα

手掌多汗症の手術の費用はいくらぐらいかかるのでしょうか?
手掌多汗症の手術をすると代償性発汗というデメリットがあると言います。
どうなるのでしょう?

 

 

手掌多汗症手術費用は健康保険適応で3割負担の場合、約8〜9万円です。

 

片手も両手も同額です。
原則として両手同時に手術していますが、片側手術では代償性発汗も半分で済むため、まずは慎重に片手だけ手術する選択もあります。

 

代償性発汗
手掌多汗症手術の後の代償性発汗というデメリットがほぼ100%あるといいます。
夏の暑いときや寝汗で背中や胸、ふとももなどからこれまで以上に汗が増加するようになります。

 

自分の予想以上に背中や胸から汗が出るようになったといって手術を後悔されている人もいます。
術後の代償性発汗の悩みと現在の手汗の悩みは比較はできないため、手術を受けるかどうかは、どれだけ手のひらの汗で悩んでいるか次第です。

 

病院に行く前に、デトランスα手足用を試してみるのも良いと思います。

 

デトランスα手足用はコチラから

初回40%OFFで買うことが出来ます。

↓↓↓↓

デトランスα

デトランスα手足用は脇の下には使用することが出来ません。

脇の下は手足の皮膚より薄くてデリケートで敏感です。

脇の下の汗にはデトランスα脇下用を使用しましょう。

初回40%OFFで買うことが出来ます。

>>デトランスα脇下用はこちらから

↓↓↓↓

デトランスα

日本初の新しく顔の汗を止める制汗剤がでました。

顔汗を止める制汗剤はコチラ

↓↓↓↓

>>安心の60日間返金保証!顔汗用・制汗ジェル【サラフェ】

サラフェ