手掌(しゅしょう)多汗症とは?

手掌(しゅしょう)多汗症とは?

デトランスα

 

局所性多汗症と言って特定の場所だけに汗をかく病気があります。
その中の一つが手掌(しゅしょう)多汗症です。
ある日突然ではなく、小さい頃から手のひらに汗を書きやすい傾向があるようです。

 

手掌(しゅしょう)多汗症は、いつも手のひらが湿っており、緊張したりするともっとひどくなったりします。
人によって汗のでかたはいろいろですが、人によってはポタポタと落ちるくらい汗がでる人もいます。

 

手に汗をかかないように水分を控えても効果はありません。
それどころか危険なので止めましょう。
脱水症状を起こしてしまいます。

 

手汗がひどい場合は、ボツリヌス注射と言って、病院で手のひらに注射を打つ方法もあります。

 

神経をブロックして汗を減らします。
手のひらに直接注射を打つので効果が高く、1回の注射で3から6ヶ月ほど効果があります。

 

但し、注射の強い痛みや、副作用があります。

 

その上、保険が適用されませんから高額な治療費となります。

 

病院で治療を受ける前に、手汗、足汗のデトランスαを試してみるのも良いと思います。

 

デトランスα手足用はコチラから

初回40%OFFで買うことが出来ます。

↓↓↓↓

デトランスα

デトランスα手足用は脇の下には使用することが出来ません。脇の下の皮膚は手足よりも薄くて敏感です。

脇の下の汗にはデトランスα脇下用を使用しましょう。

初回40%OFFで買うことが出来ます。

>>デトランスα脇下用はこちらから

↓↓↓↓

デトランスα

日本初の新しく顔の汗を止める制汗剤がでました。

顔汗を止める制汗剤はコチラ

↓↓↓↓

>>安心の60日間返金保証!顔汗用・制汗ジェル【サラフェ】

サラフェ