多汗症とは?

デトランスα

多汗症(たかんしょう)とは?

 

多汗症(たかんしょう)とは体温の調節に必要な通常の範囲を超えて、発汗が異常に増加します。
手、足、腋の下、顔、頭部などに、日常生活に支障を来たす程の発汗過剰になる疾患です。

 

多汗症は、交感神経が失調し、体温上昇とは関係なくエクリン腺より汗が過剰に放出される疾患です。

 

多汗の症状により様々な精神的苦痛を受け、勉強、仕事に悪影響を及ぼしたり、対人関係に支障をきたすこともあります。

 

多汗症の社会的認知は、あまり進んでいないので、本人が病気と認識していない場合や、他人に理解されずにうつ病になったり、社会的な苦痛を受けたりする患者は多いです。

 

 

米国における推定有病率は2.8%であり、性別には関係がないという調査結果が出されています。

 

厚生労働省の研究班による調査によると、日本人の有病率はその約2倍です。
原発性多汗症の有病率は、手の多汗症で5.3%、足で2.7%、脇で5.7%です。

 

 

多汗症の治療方法

 

多汗症の治療方法としては、塩化アルミニウム液の塗布、イオントフォレーシス(通電療法)、ボトックス注射、ETS手術(胸腔鏡下胸部交感神経節切除術)などの方法があります。

 

それぞれ一長一短があり、副作用として代償性発汗が生じる場合もあり、重症度などによって方法を選択する必要があります。

 

 

デトランスα手足用はコチラから

初回40%OFFで買うことが出来ます。

↓↓↓↓

デトランスα

デトランスα手足用は脇の下には使用することが出来ません。脇の下の皮膚は手足よりも薄くて敏感です。

脇の下の汗にはデトランスα脇下用を使用しましょう。

初回40%OFFで買うことが出来ます。

>>デトランスα脇下用はこちらから

↓↓↓↓

デトランスα

日本初の新しく顔の汗を止める制汗剤がでました。

顔汗を止める制汗剤はコチラ

↓↓↓↓

>>安心の60日間返金保証!顔汗用・制汗ジェル【サラフェ】

サラフェ